建設業の職人は怖い?怖がられる原因や実態を元職人が解説します

建設業の職人は怖い?怖がられる原因や実態を元職人が解説します 職人コラム
スポンサーリンク

建設業の職人に対して粗暴・乱暴な印象を抱き、関わりを持つことがなんとなく怖いと感じてしまう人は多くいます。

とくに悪いことをした(された)わけではないのに、なぜ「怖い」という印象を抱くのでしょうか

元職人Y
元職人Y
筆者も昔職人として働いていたころ、作業着で入った飲食店などで店員さんのそういう感情が伝わってきたことが多々ありました…

建設業における職人が怖いと思われてしまう原因や改善策について、詳しく解説します。

世間が職人を怖いと感じる3つの理由

世間が職人を怖いと感じる3つの理由

建設業の職人が怖いと感じられてしまう理由として、以下の3つが挙げられます。

  • ワイルドすぎる見た目
  • 職人に対する良くないイメージ
  • 職業別検挙人員から見た悪い実績

怒鳴ったり手を出したりしている姿を見たことがある…というのは、怖いと感じる理由というよりも明確な原因なので、本章では省いて進行します。

上記の3項目について、詳しく解説します。

ワイルドすぎる見た目

一般企業における服装はスーツやオフィスカジュアルで、奇抜な身だしなみをしている人はほとんどいません。

服装自由・髪染めOKといった職種も増えましたが、そういった場合の外見は大体が「オシャレ」という印象を受けるようなものです。

一方で職人の場合は、ヒゲが伸びていたり年季の入った作業着を来ていたりと、オシャレというよりも「ワイルド」という印象を受けるような格好をしています。

職人は一般企業以上に外見の自由度が高く、毎日早起きでそもそも身だしなみに気を遣おうと考える人も少ないため、見た目がどうしても悪くなりやすいのです。

そのように、一般企業での身だしなみにある統一感や清潔感といった要素が薄いため、職人に対して怖いという印象を抱く人がいます。

元職人Y
元職人Y
またそもそも肉体労働であるため、仕事をしていると大体の人がガッチリした体つきになります。そういった部分も相まって、怖いと感じられるのかもしれませんね

職人に対する良くないイメージ

職人=ヤンキーが多いなど、建設業の職人に対して良くないイメージを抱いている人も多いです。

このイメージの理由としては、職人の多くが学歴・経歴不問で働けることが起因しています。

たとえば一般企業の場合学歴が著しく低かったり、犯罪歴などがある場合は雇ってもらえないことが多いです。一定水準のモラルやマナーを担保するために、ある程度のハードルを設けているんですね。

対して建設業における職人の場合、そういった部分はあまり加味されず「健康でやる気があればOK」といったような比較的緩い基準で雇用されるケースが多々あります。

そのような理由から、一般企業で働けないような人が職人として働いているというのも事実であり、そういった実情から職人に対して良くないイメージを抱く人もいるのです。

元職人Y
元職人Y
もちろん、全員が全員ヤンキーだなんてことはないです。ただ一般職に比べて、そういった人の割合は多いかもしれません…

職業別検挙人員から見た悪い実績

目に見える悪い実績があることも、職人が怖いと思われてしまう原因のひとつだといえます。

以下表は令和元年に警察庁が公表した「罪種別犯行時の職業別検挙人員」から、建設業関連職の検挙人数を割り出したものです。

刑法犯 総数 192,607人
土木・建築業 自営 3,289人(74)
建設 職人・ 配管工 2,757人(70)
土木建設 労務 作業者 7,137人(217)

※()内は凶悪犯

総数約19万人のうち、建設業種の検挙人数は1.3万人です。単純計算で、検挙されたうち1/15は建設業に携わっていたことがわかります。

もちろん、上記の全員が「工事現場で働く職人」ではないのですが、事情を深く知らない人が建設業に悪い印象を抱くには十分すぎる理由でしょう。

日々ニュースなどで、建設業種が起こした犯罪が取りあげられているのをなんとなく覚えていて、職人を怖いと思う人もいるのかもしれません。

元職人Y
元職人Y
実際に昔は、現場内での暴力沙汰も馴染み深いものでした。最近では大手ゼネコンなどが頭にたって改善に取り組み、クリーンな職場環境になりつつあります。ただ国内に多く存在する工務店まで、建設業のイメージアップに努めるという意識が広がっていないのでしょう

参照:令和元年 罪種別犯行時の職業別検挙人員|警察庁

建設業の職人は厳格に思われてしまいがち?

職人に対して気難しい、また頑固といった印象を抱いている人も多いです。そのような人は、ここまで紹介したような「怖い」とは異なり、厳しいという意味合いで職人のことを怖いと感じます。

元職人Y
元職人Y
実際に職人にはこだわりが強い人が多くいます。そういった部分に取っ付きづらさを感じる人が多くいるんです

つまり前章で触れたような外見の怖さに加えて、内面も怖いのではないか?という先入観を持たれているのです。

「厳格」という言葉に言い換えれば聞こえは良いですが、どちらにしても怖く思われてしまうのは職業柄悲しい部分でしょう。

職人=怖いと思われないためのたった2つの改善策

職人=怖いと思われないためのたった2つの改善策

第一印象は外見で決まるため、職人として働いていると上述したような理由からどうしても怖いと思われやすいです。

ただ、「怖そう」という悪い印象を瞬時に払拭するたった2つのコツがあります。

  • 清潔感のある身だしなみを維持する
  • 建設業のノリを外で出さない

上記について詳しく解説します。

清潔感のある身だしなみを維持する

第一印象=外見で決まるということは、裏を返せば外見に気をつけることで、怖いというイメージを改善できるということです。

よって怖いという印象を抱かれない、またはすぐに払拭したい場合は、落ち着いた清潔感のある身だしなみでイメージアップを図りましょう。

もちろん、その日の作業によっては綺麗な作業着のまま終わることが不可能な場合もあります。

その際は行き帰りのときだけ清潔な服に着替えるなど、現場内と現場外で外見をリセットする習慣をつけましょう。

元職人Y
元職人Y
最終的には服だけでなくヒゲや目付きなど、いわゆる「人相」も良くしていくべきですが、服装はすぐに改善できるので真っ先に取り組むべきです

建設業のノリを外で出さない

工事現場内で働く職人は日々、納期短縮やクオリティアップに努めています。そして、その「良い物を早く作ろう」という意識のあまり、頭に血が上ってしまう人も多いです。

そういった建設現場独特のノリは、一歩現場の外に出ると異質に見られてしまいます。理解できないものを忌避するという人も多くいるため、結果として怖がられてしまうのです。

よって建設業のノリは現場の中だけに留めて、私生活では気持ちを切り替えることがおすすめです。

元職人Y
元職人Y
そういった部分を「男らしい」と魅力的に感じる人もいますが、決して多くはありません。第一印象をよくしたいならば、そういった現場ノリは封印しておくことをおすすめします

【克服法】職人を怖いと思わないためには?

【克服法】職人を怖いと思わないためには?

ここまでは建設業に従事する職人の目線で記事を進行してきました。本章では職人を怖いと感じる人に向けて、克服方法を紹介します。

元職人Y
元職人Y
元職人目線で職人との上手な付き合い方を教えますので、それを用いて怖いという気持ちを克服しましょう!

克服法1:とりあえず職人について知る

職人を怖いと感じる人の多くは、職人への理解が少ないです。不明瞭な部分が多いまま「怒らせたらどうしよう…」と不安に考えて、探るような態度が逆に職人をイライラさせてしまう…なんて本末転倒な事態もしばしば。

職人に対する恐怖を無くしたいなら、まず職人がどういった職種でどのような働き方をしているのかを知ることからはじめましょう。

職人の仕事やその過酷さを知ることで理解が深まり、ポジティブな感情も抱きやすくなります。

元職人Y
元職人Y
普段何しているかわからない人より、頑張っている姿を見ている人の方が尊敬できますよね。そんな単純なことだけで、職人への印象は簡単に変えられます

職人に対して、なんとなく「大変そう」「キツそう」としか思っていない場合は、まず知ることから始めてみてください

克服法2:態度に出さず堂々とする

職人にはサバサバした人、もしくはせっかちな人が多くおり、オドオドした態度の人それだけで反感を買いやすいです。

入社したばかりの若い監督さんが、ベテランの職人に「オドオドしてないでちゃんと喋れ!」と怒られているのも、現場ではよく見る光景でしょう。

元職人Y
元職人Y
「刺激しないように…」と慎重に接しても、逆にそれが職人の神経を逆撫でしてしまうのです

よって職人と接するときは、逆に堂々としていることをおすすめします。

内心では怖いと思っていても、それを外に出さなければ職人は案外普通に接してくれます。職人とやり取りしたうえで「あれ?思ってたよりも大丈夫じゃん」という経験ができれば、怖いという感情は一瞬で吹き飛ぶでしょう。

ただ不遜になり過ぎると、業務でなにかあったときチャンスとばかりにドヤされるので注意してください。「こいつめ、ちょっと生意気だな」と軽く思われるくらいがちょうどいい塩梅です。

克服法3:職人が配信する動画を観て楽しむ

怖いというネガティブな印象を消すには、反対のポジティブな印象で塗りつぶすという手もあります。

そして、ポジティブな印象を抱くためには職人のかっこいいところ、いわゆる「職人技」を見ることが一番でしょう。

その際、おすすめはTikTokやYouTubeといった動画配信サービスの活用です。最近は自慢の技を動画でコミカルに配信する職人も増えており、素人目で見ても凄さや面白さを感じられます。

元職人Y
元職人Y
重いものを信じられないほど一気に担ぐなど、本来は現場じゃなきゃ見られないようなレア映像も沢山あります。手に職をつけたプロフェッショナルの技は必見です

職人への怖いを払拭したい人はもちろん、純粋に興味がある人もぜひ検索してみてください。

建設業の職人は怖い人ばかりじゃない

建設業の職人は怖い人ばかりじゃない

建設業の職人は怖いという印象を抱かれやすいですが、実際には優しく気さくな人も多くいます。

ただそういった職人も、一般職から見たら一歩引いてしまうくらいハキハキとしていて威勢がいいため、怖いと思われやすいのが実情です。

本記事で紹介したような知識を双方が活かして、建設業界の壁が無くなっていくことを願います。

元職人Y
元職人Y
見た目が華やかでかっこいい職人さんも多くいます!ビジュアルから克服していきたいという方は、ぜひこちらの記事もご覧ください
この記事を書いた人
元職人Y

神奈川県横浜市生まれの20代後半の男
10年ほど型枠大工として活動して親方業を経験
玉掛けやクレーン操縦など、現場職に必要不可欠な資格を多数保有
現在はWeb系の仕事へ転身し、建設業についてのリアルな情報を発信して認知度向上とイメージ改善に努める

元職人Yをフォローする
職人コラム
シェアする
現場職人Labo
タイトルとURLをコピーしました