ドラマ「テセウスの船」完結後に残る10の謎について徹底考察

ドラマ「テセウスの船」完結後に残る10の謎と伏線について考察 雑記
スポンサーリンク

3月22日にドラマ版テセウスの船が最終回を迎えました。

ストーリーとして綺麗な終わり方でしたが、いくつか解明されてない謎がありますね。

本記事では、最終回を迎えてなお回収されないままで終わったテセウスの船の謎について、徹底考察をします。

※目次からすでにネタバレがあるので、最終回を見た方だけご覧下さい。

2人の犯人がやったこと

本記事を進める前にみきおと正志がそれぞれ何をやったのか、明確に自供したことをまとめておきます。

みきお 正志
・千夏に薬を飲ませた
・翼に明音を監禁させた
・田中のおじいちゃんを殺した
・音臼小事件を起こした
・佐野文吾をはめた
・佐野文吾への復讐

上記の事柄を、2人がそれぞれ「自分がやった」と明言しています。

金丸はどちらが殺したのか、なんで翼はみきおの言うことを聞いたのかなど、様々なことが明らかになっていません。

ひとつひとつ紐解いていきましょう。

テセウスの船で残った10の謎

テセウスの船で残った10の謎

馬淵の役回り

第9話から、ストーリーに小籔千豊扮する「監察官・馬淵」が登場しました。

佐野文吾に対して明らかな敵意を向けたり、「罪を認めないと家族を殺す」というメッセージが隠された本を読めと勧めたり、新参者ながら怪しい要素が沢山ありましたね。

佐野文吾に恨みを抱いているという点では、犯人像に近い人物のひとりでした。

「過去に馬淵と文吾の間で何があったのか?」

最終回で過去の因縁が明らかになるかと思いきや、その謎は残ったまま終わってしまいます。

さらに馬淵はドラマオリジナルのキャラなので、原作を見れば解決するというわけでもありません。

まとめると、

  • 馬淵は文吾を嫌っている
  • 本は正志か馬淵が佐野を貶めるために差し入れた

というざっくりとした考察しか出来ません。

正志が差し入れた場合、おそらく馬淵が文吾の手に渡る前に検閲をしたのでしょう。そして自分にとって都合が良いメッセージがあったために、「読め」と促したのだと思います。

馬淵が差し入れた場合は、言わずもがなですね。

スタンガンの存在

「スタンガンがあの時代にあるわけない!」
「心以外にもう1人タイムスリップしてるんだ!」

最終回を目前に、SNSでそう騒がれていましたね。

検索をしてみると、ハンドタイプのスタンガンは20世紀後半から21世紀にかけて誕生したと言われています。

参考サイト:https://www.ksp-web.com/jyouhoutisiki/sutangannorekisi.html

「20世紀後半」は抽象的な言い方であるものの、事件が起こった1989年は十分に後半の範疇に入るでしょう。

つまり単純に、あの時代にスタンガンはあったんです。

よってスタンガンについてはSNSなどのミスリードによって無いと錯覚しただけで、そもそも謎でもなんでもなかったという結論に落ち着きます。

三島明音の監禁

「明音ちゃんは翼にやらせた」とみきおは言いましたね。緊迫したシーンだったのでスルーした方も多いでしょうが、そもそもなぜ翼はそんなお願いを聞いたのでしょうか?

皆さんは知り合いの子供に「あの子のこと攫って」と頼まれて了承しますか?しませんよね。

翼はその狂ったお願いを聞いてしまうほどの弱みを、みきおに握られていたんです。

この謎に関しては、原作でしっかりと解明されています。

簡潔にいうと翼はロリコンでみきおにイタズラした過去があり、言うことを聞かないとそれをばらすとみきおに脅されていたんです。

計算高いみきおは、後々利用できると思ってわざとイタズラされたんでしょうね。

そして付随して長谷川翼の死についてですが、これに関しては誰に殺されたわけでもなく、完全に自責の念からの自殺です。

自分の歪んだ性癖のせいで無関係な明音ちゃんを酷い目にあわせたので、自ら毒を飲みました。

金丸を突き落とした犯人

「結局金丸刑事を殺したのは誰?」

まず、金丸が疑っていたのは加藤みきおでしたね。明音ちゃんの首についた痕が、小さい子供の手でないと付かないものだったので、子供を疑っていました。

ただ金丸がみきおを疑っていた=金丸を殺したのはみきおとは断言できません

実際、協力者の正志である可能性も十分ありますし、まさかの血迷った木村さつきの可能性もあります。

突き飛ばした犯人を知るのは、未来にいた佐々木紀子だけです。

ただ、疑っていた子供にあんな無防備な姿を見せるのか・・・?と考えると、もしかしたらあの場にいたのは、金丸が事件と無関係だと思っていた大人だったのかもしれませんね。

千夏ちゃんを連れていた文吾

まだ心が文吾を疑っていた第1話時に、千夏ちゃんが文吾に引っ張られて吹雪の中を歩いていましたね。

「あれって結局なんだったの?」と思いますが、おそらく心が隠したパラコートの容器を回収しにいったのでしょう。

もちろん、最初からそのつもりではありません。

千夏ちゃんが心を泥棒だと思う
⇒駐在である文吾に伝える
⇒どっちに行った?と千夏ちゃんと共に心を探しに行く
⇒その先でパラコートの容器を発見する
⇒なんだ?と思いつつ回収する

といった具合でしょう。

なのであの時文吾は、千夏ちゃんに道案内を頼んでいたのだと思います。

そして吹雪いてきたので千夏ちゃんを送り届けた直後、みきおが事前に飲ませていたパラコートが効いて中毒になったのでしょうね。

みきおの罪と自殺未遂

改竄された未来で、みきおはカフェの店員として悠々と生活をしていましたね。

でもこのみきおは少なくとも、田中のおじいちゃんと千夏ちゃんを殺したと自供しています。

他にも翼に明音ちゃん誘拐を強要するなどの余罪が明らかですし、正志との共謀や金丸刑事殺害への関与など、子供というフィルターを取っ払って叩けばホコリはいくらでも出てきます。

最低でも2人を殺してさらに余罪もあって、あんなに悠々と働けるものなんでしょうか?よりにもよって飲食店で・・・

ですが、実際不可能ではないんです。

14歳未満の子どもが刑法犯にあたる罪を犯したときは、刑事責任能力がないとみなされるため、刑罰を科されたり、罪に問われたりすることはありません。また、逮捕もできないため、代わりに保護を行うことになります。

ただし、すぐに日常へ戻れるわけではありません。児童福祉法に定められているとおり、児童相談所への通告が行われ、状況によっては児童養護施設や児童自立支援施設へ入所することになることもあります。

引用サイト:https://fukuoka.vbest.jp/columns/criminal/g_young/1105/

つまりみきおは施設に入りこそすれど、将来的には何ら支障をきたさないんです。

さらにあのみきおのことなので、もしかしたら「正志に脅された」「全部正志の計画だった」なんて言ったかもしれません。

そうなると自殺未遂も功を奏します。自白と自殺を強要された子供として、正志だけを悪者にすることは容易にできるでしょう。

なのであの姿はドラマ的に綺麗に終わらせたわけでなく、実際に起こり得る光景だったんです。

鈴のキーホルダーや黒く塗りつぶされた免許証

心がノートを捨てた場所に、鈴が持っていた『S』のキーホルダーがありましたね。

また、同場所に捨てた心の免許証が黒く塗りつぶされて郵送されてきました。

それらはドラマを面白くするためのミスリードなどではありません。しっかりと理にかなった理由があります。

例えばキーホルダーがあの場に無いとしましょう。心はきっと、「ノートは無くなったが次に起こるのは明音ちゃんの失踪だ。明音ちゃんに気を付けておけば大丈夫だ。」と考えたでしょう。

ですが鈴のキーホルダーがあったことで、「なんでここに鈴のキーホルダーが・・・?」と考えます。そして校門にあったSと書かれた絵を見て「犯人は計画を変更して鈴を狙っている!」と考えさせたんです。

免許証も同様です。タイムスリップしたと分かる部分を塗りつぶしたことで、心に「お前が未来から来たってことは分かっているからな。」とプレッシャーをかけたんです。

アレが無い場合はどうなっただろう?と考えると、案外全てに意味があります。

偽装工作のタイミングと実行犯

ワープロや青酸カリの瓶など、佐野文吾を陥れるための偽装工作はいつの間に行われたのでしょうか?

普段は和子が家にいるので、ワープロや庭をガチャガチャやっていたらすぐにばれてしまいます。

よって偽装工作をしたタイミングは、井沢健次と徳本卓也が佐野家のためにイノシシ鍋を作ってくれたタイミングでしょう。

そのせいでSNSでは、「村人全員グル」という説が流れていました。

また普段であっても佐野家の住民であれば不自然でないので、「鈴がそそのかされて庭に埋めたのでは?」「ごめんなさいって過剰に言ってたし怪しい」という鈴が犯人説もありました。

結果として偽装工作の犯人は間違いなく正志です。あの時点ですでに「佐野をどうしても陥れたい」と考えているのは、正志しかいませんでした。

もしかしたら正志があの2人に「佐野家の皆が大変だから元気づけてあげたいなぁ」などと言って、何かすることを遠回しに促したのかもしれませんね。

未来のさつきを殺した犯人

心が再度未来へ戻った時、さつきが病室で誰かに殺されましたね。

みきおは「心先生のせいで死んだ」とは言っていましたが、「自分がやった」とは言いませんでした。

また、みきおがまだ悪者と判明していなかった時に、「小太りで眼鏡をかけた男だと警察に言われた」と心に伝えていました。

ですがそれも「警察から聞いた」と勝手に言ったのかもしれないので、本当に小太りの男が病院に行ったのかどうかは微妙なところです。

かといって、絶対に正志が関わっていないとも言えません。結果的に正志はみきおに殺されたものの、さつきを殺したのは正志だという可能性もあります。

  • みきおに言われて正志がさつきを殺し、その正志をみきおが殺した
  • 結局みきおが全員殺した

まとめると上記のどちらかなのですが、どちらか確定させるためのヒントは作中には出ていません。

重要では無いものの、ドラマの中で一番の謎だと言えます。

未来の鈴の整形疑惑

「改竄された未来でも鈴は貫地谷しほりのままじゃん!整形したってこと?」

これに関してはSNSで、未来の鈴を演じた貫地谷しほりさんが公言しています。

この投稿をInstagramで見る

テセウスの船 最後までご視聴いただき、ありがとうございました! クランクアップの花束はこんな温かいメッセージ付き。 短い期間でしたが、本当に楽しく、行くのが楽しみな現場でした。 スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした! そして、今回、何の役かも聞く前に「やる!」と返事をしたくらい魅力的な原作漫画『テセウスの船』にもお礼を伝えたいです。 一読者として、この作品を生んでくださった事に感謝しています。 そしてそして、皆さん、気付いてくれましたか、、? 気付いてくれましたよね!?! 最終回の私の顔をじーーーっと見てくれましたよね!?? 3つ目の動画は“村田藍”登場回の私です。 写真と動画なにが違うか分かるかな。 #tbs #テセウスの船 #みんな #気付くかなσ^_^; #気付いて #気付かなかった方 は#もう一度 #最終回 を是非 #おかわりテセウス♪#ちなみに #ホクロ だけじゃないですよ😂

貫地谷しほり(@shihori_kanjiya)がシェアした投稿 –

つまり、従来の未来で整形をしたと言っていた村田藍(鈴)は、実はそんなに大きく整形をしていなかったというオチでした。

パッと見て分かるのはホクロくらいのものです。

もし本記事で初めて知ったという方は、是非写真を見比べて変化を探してみて下さい。

【まとめ】正志は最初から共犯者だった?

【まとめ】正志は最初から共犯者だった?

以上でテセウスの船の謎についての考察を終わります。

最後に考察のしようがない謎として、「正志は最初から共犯者だったのか?」というものがあります。

正志は佐野文吾のことは恨んでいたとしても、みきおと違い根っからの悪ではありませんでした。

そんな正志が文吾を陥れるためとはいえ、音臼小の子供たちに毒を盛るでしょうか?

もしかしたら最初の世界線で悪事を働いたのはみきおのみで、正志が犯行に加わったのは最後の世界線だけかもしれません。

みきおがはっと汁に青酸カリを入れるのを辞めたのも、正志が止めたからなのかもしれませんね。

もちろんすべては想像です。

番外編や特別編、スピンオフなどで全て明らかになるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました