お酒のペットボトルが無いのは品質の問題!詳しい理由を解説

お酒のペットボトルが無いのは品質の問題!詳しい理由を解説 雑記
スポンサーリンク

かつては瓶や缶が主流だった清涼飲料水ですが、今ではペットボトルがメインとなり、全体のおよそ75%を占めています。[注1]

一方、ビールやチューハイなどのお酒に関しては、瓶から缶への移行は進んでいるものの、ペットボトルに入ったものはほとんど見受けられません。

飲み口にフタをすることができるペットボトルは、炭酸を含むビールや発泡酒と相性が良いように思えますが、なぜお酒のペットボトルは普及しないのでしょうか。

今回はお酒のペットボトルがなかなか普及しない理由についてくわしく解説します。

[注1]一般社団法人 全国清涼飲料連合会:2019年容器別シェア(生産量ベース)

お酒のペットボトルが普及しない理由は品質が劣化しやすくなるため

お酒のペットボトルがなかなか普及しない最たる理由は、品質の劣化スピードが速くなるためです。

ペットボトルは一見したところ密閉容器に思われますが、実際はペットボトルの材料となるPET(ポリエチレンテレフタレート)には極小の穴があいています。

固体や液体が漏れ出る心配はありませんが、酸素や二酸化炭素などの気体分子は難なくすり抜けてしまいます。ビールは酸素に触れると香味が劣化し、品質が落ちてしまうため、ペットボトルで販売することはできないのです。

また、ビールは光による影響も受けやすいため、無色透明のペットボトルに入れての販売は難しいとされています。

ビールのペットボトルは絶対に不可能?実は海外では販売されている

ビールのペットボトルは絶対に不可能?実は海外では販売されている

日本では見かけないペットボトル入りビールですが、実は海外では缶や瓶とともに、ペットボトルのお酒が普通に販売されています。

たとえばビール大国といわれるドイツでは、500ml入りのペットボトルのお酒が店頭で販売されていますし、ロシアではペットボトルに任意の量のビールを入れて販売する量り売りが行われています。

味にこだわる人は缶や瓶のビールを好んで購入しますが、その日のうちに飲みきってしまうビールなら軽量で割れにくく、しかもコストが安いペットボトルのお酒を選ぶ人も多いようです。

日本でもペットボトル入りビールを製造する技術がある

日本でもペットボトル入りビールを製造する技術がある

缶や瓶とともに、ペットボトル入りのビールが普及している海外と比べると、日本の技術は遅れているのでは?と思われるかもしれません。しかし、実際には日本でもペットボトル入りビールを製造する技術は確立されています。

実際に大手酒造メーカーのアサヒビールは、2004年にガスバリアー性と遮光性を高めた「ビール用ペットボトル」を開発し、同年に商品化する予定でした。しかし、複数の環境保護団体から、PETのリサイクルシステムに影響を及ぼすおそれがあるとの指摘を受け、やむなくペットボトル入りビールの販売を断念することになりました。

以降、ペットボトル入りビールの製造・販売の話が陽の目を見ることはなく、現在もなお日本国内では瓶・缶入りのビールが主流となっています。

ペットボトル入りビールの新たな可能性

海外に比べてペットボトル入りビールの普及がなかなか進まない日本ですが、近年になって新たな動きも出てきています。

大手酒造メーカー「キリン」が2018年にスタートした「タップマルシェ」は、さまざまなクラフトブルワリーのビールを楽しめるサービスですが、ビールの販売に独自開発した3Lペットボトルを採用しています。

ペットボトル入りビールタップマルシェ

画像引用:タップ・マルシェ

ペットボトルそのものに酸化劣化を防ぐガスバリアー機能が用いられているほか、光を遮断するフィルムをボトル表面に装着することで、ビールの品質低下を抑えています。

こうした最新技術を採用したペットボトルは「ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングペットボトル」と呼ばれており、通常のペットボトルと同じようにリサイクルすることが可能です。

技術的にはペットボトル入りのお酒の販売は可能!

技術的にはペットボトル入りのお酒の販売も可能!

ペットボトルは光や気体を通す性質を持っているため、光と酸素に弱いビールを入れる容器には適しません。ただし、近年は品質劣化を防げるペットボトルも開発されており、技術的にはペットボトル入りのお酒の販売も可能となっています。

日本ではペットボトル=清涼飲料水のイメージが強く、誤って未成年が手に取る可能性などを考えると、店頭などでの普及にはまだまだ課題があります。現在抱える課題をクリアすれば、日本国内でペットボトル入りのビールを購入できる日が訪れるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました