職人の基礎知識

スポンサーリンク
職人の基礎知識

鳶(とび)とは?鳶工の仕事内容や必要な道具・資格、年収まで全解説

建設業における鳶とは足場や鉄骨を組み立てたり、重機を設置したりする職人のことを指します。現場を回すために必要不可欠であり、高所作業が多く目立つため職人の花形とも言われています。この記事では鳶とはどんな仕事内容なのか、お給料の額や必要な資格・道具まで全て解説します。
職人の基礎知識

職人における親方と子方とは?関係性や違いを全て解説します

職人における親方・子方の関係性ですが、一般企業の上司・部下の関係とほぼ一緒です。ただ建設業の職人は比較的距離感が近いので、親方・子方も家族ぐるみで付き合うなどしています。子方は使われる立場であるため、職人として沢山稼ぎたいなら使う立場である親方を目指しましょう。
職人の基礎知識

女職人ってどう?実態と職人になりたい女性におすすめな業種・種類

女職人の割合はまだ少なく、体感的には30〜40人にひとり程度です。女職人の楽しいことや辛いことを、実際に女性の塗装屋さんに聞きましたので紹介します。女性が働きやすい職種としては、クロス屋・塗装屋・鳶工・測量屋・内装屋などがおすすめです。女性が職人をすることについて徹底解説します。
職人の基礎知識

土方とは?仕事内容や必要な資格や道具、お給料・年収まで全解説

建設業における土方(どかた)とは、土木工事に関わる作業員や労働者のことを指します。一部の層からは差別用語とも言われており、土工や土木作業員と呼称するケースも多いです。本記事では土方とはどういった仕事内容なのか、年収や必要な資格などを全て解説します。
職人の基礎知識

職人とは?なり方や今後の必要性など元職人が一番わかりやすく解説

職人とは高い技術と豊富な知識をもったプロフェッショナルのことです。菓子職人や漆職人などさまざまな分野に職人はいますが、建設業においては全ての職種を職人と呼ぶこともあります。建設業の職人になるためには資格や学歴を必要とせず、テストも無しに誰でもなることができます。職人のなり方や今後の必要性まで全解説します
職人の基礎知識

「職人」と「現場作業員」の違いは腕前にあり!区別の仕方と使い分け方を解説

職人と現場作業員の違いは、仕事の腕前にあります。どちらも似た言葉ですが、現場作業員は工事現場で働く人の総称であり、職人は確かな技術・知識・経験がある人のことです。つまり、現場作業員という大枠の中に、職人というプロフェッショナルがいます。
職人の基礎知識

職人における「請負」とは?現場の仕事で稼ぎたいなら知っておこう

職人における「請負」とは、作業はもちろん建材の拾いだしから材料の用意と加工、搬入から撤去まですべての業務を一貫して受注することをいいます。請負で仕事ができる人は、必然的に資材置き場や作業員を抱えていることになるので、請負で仕事ができる=職人としての成功と考えてよいでしょう。
職人の基礎知識

「常用の職人」「応援の職人」とは?違いやメリット・デメリットを解説

建設現場における「常用の職人」とは、日数×いくらの給与形態で雇用されている職人のことです。一方、「応援の職人」とは人手が足りなくて呼ぶ手間請けの職人を指します。常用の職人は決まった現場があって収入に安定感が、応援の職人は気楽さがあります。
職人の基礎知識

型枠大工とは?仕事内容や年収、必要な資格や使う道具を全解説します

筆者は以前、型枠大工という仕事をしていました。 型枠大工と聞いて、どんな仕事かをパッと思い浮かべることが出来る人は少ないでしょう。 本記事で型枠大工の仕事内容や年収、必要な工具など全て解説します。 型枠大工とは? 型枠大工とは、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました